誰かに訴えられる夢を見たら、どんな意味があるのか不安な気持ちになってしまいますよね。

この記事では、“訴えられる夢”にどんな意味があるのか、その夢が暗示する未来をご紹介します。

罪悪感を抱えている

訴えられる夢は、あなたが誰かに対して後ろめたい気持ちや、罪悪感を抱えていることを暗示しています。

この夢を見るのは、以下のような状況で悩んでいる人が多くいます。

・自分のミスが、周りの人にバレていないか不安
・嘘をついてしまったことを後悔している
・自分のせいで誰かを傷つけてしまった

思い当たるところがないか、思い返してみてください。

裁判にかけられる夢

訴えられる夢の中で、あなたが裁判にかけられていた場合、「自分の間違いや罪を自白したい」と本心では思っていることを暗示しています。

モヤモヤした気持ちで過ごすよりも、自分の間違いを認め、素直に謝罪をすることが良いでしょう。

 裁判の夢に知人が登場したら

夢に知っている人が登場した場合、その人に対して罪悪感を持っていることを暗示しています。

罪悪感を持っていなかったとしても、その人から難癖をつけられたり、からまれることを恐れています。

自分よりも立場が上の人や、普段からストレスを感じている人が登場することが多いようです。

“訴えられる夢”が暗示する未来

訴えられる夢を見たら、その後、実際に誰かに糾弾されたり、ミスを責められる未来が訪れる可能性が高いです。

あなたが後ろめたい気持ちを抱いているのなら、相手から指摘される前に行動して方が良い結果になることもあります。

・素直に謝る
・隠していたこと、黙っていたことを打ち上げる
・嘘をついていたことを弁解する
・事後報告するつもりだったことを、事前に伝える

など、未然にトラブルを防げるよう、できる限り早めに対応を打った方が良いでしょう。

おすすめの記事