誰かと人間関係を断ち切りたい時、正々堂々とはっきり相手に告げるのは難しいものですよね。

相手には知られずに実行できる縁切りのおまじないは、自分の気持ちを落ち着かせて整理するのにも有効に働き、いい運気を流してくれます。

もうこの人とは一生関わり合いたくないと思っても、相手が恋人や親戚、仕事先や取引先の人であれば無視をする訳にも行きません。

今回は人間関係の悩みをスッキリと整理し、新しい風を生活に吹き込ませのに大きく効果がある縁切りのおまじないを紹介していきます!

【6/30(日)まで】占い無料!
これが最強タロットの実力。
SNS大絶賛の占いが凄すぎて中毒者が続出の訳とは!?
10秒の簡単入力で、今すぐ診断できます!

縁切りのおまじないの効果

誰かと縁を切る時は、相手に気づかれずかつ不快な思いを与えることなく自然に関係を終えられるのが一番いいものでしょう。

縁を断ち切りたい相手がいても、自分勝手に何かをしてしまえば悪いことが返ってくるのではないかと不安になることもあるものです。

おまじないには簡単かつ手軽にできるものから神社やお寺などで行うものまで、様々な方式があります。

最低限のルールを守り、自分の思いや念をしっかりと入れ込むことで安全かつ効果的な力を発揮できると言われているので、下記の項目を意識して実行するようにしましょう。

1、他の人に見られない、バレないように実行すること
2、しっかりと集中できる場所を用意する
3、焦らず、辛抱強く待つ、続けること

効力のあるおまじないにするためにも、感情と精神をしっかりと落ち着かせて一つ一つ丁寧に行ってください。

上司や職場の人と縁を切るおまじない

この人にはもう会いたくない!と思った時、その相手が同じ職場の人や上司だった時ほどがっくりと来ることはありませんよね。

そんな相手でも、どうしようもないと諦めないでください。そんな遠いようで近い知り合いにも対応できる職場での縁切りに効くおまじないがあります。

縁をチョキっと切る!ハサミを使って簡単縁切り

家庭やオフィスにある道具で簡単に行えるおまじないです。縁を切ると言う言葉にぴったりでハサミでチョキっと切って行えます。

必要なものは縁を切りたい上司や職場の人の名前、紙、ペン(何色でも可)、ハサミ、のり(ボンドや接着剤もOK)です。

まず用意した紙に縁を切りたい相手の名前を書いてください。名前はしっかりとフルネームで記入しましょう。

相手の名前を書いた紙をハサミで細かくチョキチョキ切ってしまいましょう!できるだけ意識して相手の名前が読めなくなるくらい細かく切るようにしましょう。

最後に、切った紙切れをのりやボンドで固めて丸めたら完了です!簡単にできますが、とても効き目があり気分もスッキリとします。

ホチキスを使った縁切りのおまじない

ホチキスは何かをつなぎ合わせたり留めたりするイメージですが、縁切りのおまじないにも使用できます。

必要なものはホチキス、ペン(何色でも可)、10枚の白い紙です。

用意した白い紙に縁を切りたい人の名前をフルネームで記入し、名前の書いてある表の面と書いていない裏の面を交互に重ねて左上をホチキスで留めます。

そのまま一晩置き、次の日に右上もホチキスで留め、その翌日には右下、翌々日には左下と、4日間かけて全部で4箇所ホチキスで留めます。

次の日、5日目になったら最初に名前を書く時に使ったペンを紙の上から刺して穴を開け、紙をハサミで細かく切って捨ててください。

もう会いたくない、関わりたくない上司との縁を切るのに強い効果が発揮できます。

悪縁切りのおまじない

目に見えなくても、縁はとても大事なものです。良い縁は自分に意味のある幸運をもたらし、逆に悪い縁は思いも寄らないような道に迷いこませたりします。

自分にとってよくない出来事が舞い込んで来ないように、悪い縁はしっかりと断ち切った方が良いでしょう。

嫌いなものを断つだけの簡単なおまじない

プレッシャーやストレスをあまり感じない悪縁切りとして、自分の嫌いなものを食べないと言うおまじないがあります。

日本では昔から、何かをお願いする「願掛け」の時に自分の生活から食べ物や嗜好品を断つと言うことが行われてきました。願いが叶うまで断ってもいいですし、一生断つと決めれば効力は一層増すと言われています。

自分の好きなものや毎日好んで摂取しているものを突然やめるのは大変だしストレスを感じるものですが、このおまじないは自分の嫌いなものを断つだけの比較的簡単にできるものです。

相手の名前や情報がなくてもできるので、すぐにでもはじめられます。

ロケットと想像力を使って縁を切ろう

嫌いなもの断ち以外にも簡単にできる悪縁切りとして、頭の中でイメージするだけの簡単なおまじないがあります。

嫌いな人を頭の中で出来るだけ鮮明にイメージしましょう。そのイメージした相手にロケットを背負わせるか、ロケットの上に乗っている姿をイメージしてください。

相手をイメージしたまま、今までの感謝とお礼、さよならの挨拶を心の中でします。

最後に相手の名前を入れて「〇〇、飛んでけ!」と唱え、相手が自分の心の中から飛び立ち、遠くに飛んで行って見えなくなると言うイメージを思い浮かべて終わりです。

どちらも簡単にできるおまじないですが、効果はとても大きいです。

離婚に効くおまじない

一度は生涯一緒にいると誓い合ったけれど、人や環境が成長し変わるように、人間関係や感情が違うものに変わってしまうことはあるものです。

付き合っている恋人同士であれば別れることも離れることもそう難しくはありませんが、法的に手続き、認められている夫婦だと、そう簡単には行かないですよね。

もちろん縁があり一緒になり、はじめは愛や情熱があったのかもしれませんが、その感情も薄れ離れたくてしょうがないと思っている方もいるでしょう。

子供、情、経済的な状況など、離れられない理由は色々あると思いますが、結婚するときはその情熱で簡単にできたものが、別れるときには体力も気力も何十倍も取られ手続きに踏み出すのも億劫になるものです。

そんな心労を抱えないように、自然にお互いが別々の道に進んで行くことを前向きに考えられるようなおまじないがあります。

夫婦の赤い糸をバッサリ遮断

用意するものは、旦那(妻)が使ったコップ、自分自身が使ったコップ、赤い糸、ハサミです。

まずは旦那(妻)とあなたが使ったコップを用意してください。紙コップでも問題ないので、相手とあなたが使った後の洗っていない状態のものを用意してください。

2つのコップに赤い糸を結んで繋げ合わせます。その糸の真ん中をハサミでバッサリと切ってしまいましょう。

そして、最後に相手の使っていたコップを割る、もしくは破って捨ててください。これでおまじないは終了です。

相手のいつも使っているお気に入りのコップじゃなくても、1度でも使っていれば効力があるので、心配せずに簡単に用意できるコップを使いましょう。コップを壊す前に塩をひとつまみ上からかけるとより効果的です。

月のパワーを使った強力な縁切りのおまじない!

月のパワーを借りた強力な縁切りのおまじないもあります。

用意するものはペン(何色でも可)のみです。おまじないをする日は新月の日になるので、間違えないようにしっかりと確認しましょう。

新月の夜がきたら、用意していたペンを使って手のひらに「✖️」(バツマーク)を書きます。書きながら離婚したい相手の名前と理由を心の中でしっかりと唱えまししょう。

相手の利き手をバツマークを書いた方の手で触ります。更に、相手の肩にバツマークを書いた方の手で触り、心を落ち着けながら「さようなら」と5回頭の中で唱えてください。

月のパワーがおまじないの力を強めてくれます。

塩を使った縁切りのおまじない

お葬式のとき、お通夜や告別式の後にお塩をもらい、家に入る前に「お清め」のために肩から塩をかけたという経験をしたことがある人は少なからずいるのではないでしょうか?

このように、お塩には身を清めるパワーがあると言われています。何か嫌なこと、悪いことがあったとき有効に使えるのです。

自分にとって必要のないものを剥がし、厄払いにもなるので心機一転にもなるおまじないの方法です。

塩とシャワーを使ったおまじない

お風呂やシャワーを浴びる準備ができたら、まずシャワーの前に立ち一握りの塩を頭からざっと被りましょう。

その塩と縁を切りたい相手との関係を洗せるように、相手の名前を唱えながらシャワーを浴びて塩を流します。

これで塩と悪い気を流すことができ、おまじない終了です。その後はいつも通りにシャンプーをしたり湯船に浸かっても大丈夫です。

体について塩はしっかりと流されていることを確認してください。

粗塩を使ったおまじない

粗塩は塩を使ったおまじないの中でも絶大な効果があるとされています。しっかりと身も清めてくれることでしょう。

まずは粗塩を用意しましょう。粗塩はスーパーなどで売っているので簡単に手に入れることができますが、買うときは天然成分の粗塩を選び、余分なものが入っていたり手を加えてあるものは出来るだけ避けてください。

お風呂に入る前に、自分の年齢の数だけその用意していた粗塩を掴みお湯を張った浴槽に入れます。

体を洗って綺麗にした後に、その浴槽に右足から入りましょう。そのまま目を閉じて心を静めゆっくりとお湯に浸かってください。

落ち着いてゆっくりと温まったら、腕、足、首などをそのお湯でゆっくり優しく擦りましょう。

最後にお腹をさすりながら悪いものを外に出す、出て遠くへ飛んで行ってしまうということをイメージして、腹式呼吸をしてください。

腹式呼吸を何度か繰り返すことでしっかりと身を清め、縁を切りたい相手の念を剥がして行くことができます。

このおまじないは次の自分の誕生日が来るまでは定期的に続けるようにしましょう。強い繋がりや気持ちがある場合は何回かやることによって効き目が強く出てきます。

トイレットペーパーを使う縁切りのおまじない

人間関係を綺麗さっぱりと整理したいとき、水に流すと言うことが精神的にもおまじない的にも働く場合があります。

トイレのように、いらないもの、汚いものをささっと水に流せてしまえたらどんなに良いかと思いますよね?

その思い通り、トイレでできるトイレットペーパーを使った簡単なおまじないがあります。

書いて水に流すだけ!

このおまじないは、すごく簡単かつあっという間にできてしまうので、実行する前には一時の感情ではなく、本当に縁をすっぱりと切っていい相手がどうかを明確にしてから行いましょう。

まずはトイレにいき、手の平大の大きさに切ったトイレットペーパーに(ミシン目がある場合はその一つ分)縁を切りたい相手の名前を記入します。

そのトイレットペーパーを両手の平で握り、相手の名前、縁を切りたい!!と言う思いを心の中で唱えます。

そのままそれをトイレにザッと流してしまいおまじないは終了です。

紙を使い切ってスッキリ縁切り!

もう一つ、トイレットペーパーを使ったおまじないとして、トイレットペーパーを使い切ってしまうと言うおまじないもあります。

必要なものは使っていない新しいトイレットペーパーとペンのみです。

まずは使っていない新しいトイレットペーパー横の部分(紙の重なりと芯が見える部分)に縁を切りたい相手の名前を記入します。

あとはそのトイレットペーパーを丸ごと一つ使い終われば完了です。

一気に流してトイレが詰まってしまえばおまじないが失敗してしまうので、自分のルーティーンに合わせていつものように普通にトイレットペーパーを使い、少しづつその悪縁をトイレと一緒に流して行きましょう。

このおまじないを行う際には、遊びにきている家族や友人にトイレットペーパーを使われたり見られないように注意してください。

まとめ

いかがでしたか?

おまじないを使えば自分の心も整理できる良い機会になります。

面と向かってなかなか言いにくいことは言う必要もありません。相手に気づかれ、不快感を与えることなく自然に関係を断ち切ることが期待できるのです。

人間関係に悩んでいる方は、しっかりと気持ちを落ち着けて簡単なものから試してみてはいかがでしょうか。

その結果、自分を悩ませていた縁が切れ、悪い気がスッキリと剥がれて良縁やいい運気が自分に流れてくるかもしれません。

【6/30(日)まで】占い無料!
これが最強タロットの実力。
SNS大絶賛の占いが凄すぎて中毒者が続出の訳とは!?
10秒の簡単入力で、今すぐ診断できます!
おすすめの記事